パニックの整体 武蔵野市吉祥寺パニックの整体 武蔵野市吉祥寺

SITEMAP

HOME » パニックコラム

パニックの症状「動悸、汗、呼吸困難」

■パニックによる動悸は心臓病の動悸とここが違う|パニックの特徴となる症状の一つに動悸があります。しかし動悸が激しいとまず心臓などの疾患を考えますよね。両者にはどんな違いがあるのでしょうか?パニックによる動悸は非常に激しいものです。

パニックを精神科医はこう治す

■心理療法って何? 精神療法とどう違うの? |パニックの施術には大きく分けて2つの柱があります。まず、薬を使ってパニックの症状を抑えていく薬物療法です。もう一つが、お客様の考え方や行動を変化させることによってパニックの症状を抑えていこうという、心理療法です。

パニックにおける認知行動療法とは

■「私はどのような考え方を持っているのか」から始まる |パニックの施術の中で最近注目されているのが、認知行動療法です。認知行動療法はまずはじめに、精神科医など経験豊富な施術者と一緒に行うことが必要です。基本的には、物事に対する認知を修正し、気分や行動を変化させるという施術法です。

パニックの施術で使われる薬の特徴

■第一選択薬といわれている「SSRI」とは |パニックの施術において、一番よく用いられるのが抗うつ剤です。中でもよく用いられているのがSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。一般的に、パニックのような不安症はセロトニンという物質の欠乏が原因となっています。

パニックは「完治」ではなく「抑制」を目指す

■完治する人としない人がいることを知っておいて |パニックを克服していく中で注意したい考え方があります。それは、「いつになれば良くなるのだろうか」と考えてしまうことです。

軽症のパニックの人が自宅でやっている予防法

■リズムのある生活を心掛けよう |パニックの発作を予防するために、リズムのある生活つまり規則正しい生活は必須です。それは自律神経の働きと関係があります。

パニックは遺伝するのか

■「パニックは遺伝する」説とは 巷でまことしやかにささやかれている、「パニックは遺伝性の病気」。これは本当に根拠があるのでしょうか?

パニックはこう発症する「メカニズムを知る」

■「脳の誤作動」ってどういうこと? パニックの原因として「脳の誤作動」という言葉が使われます。パニックは不安や緊張、恐怖からくるのでなんとなく心の病気と思いがちですが、実は脳が関係しているのですね

パニックとうつの関係

■そもそも「うつ」って何? いまさら聞けない基本知識 パニックと混同されやすい病気に、うつがあります。そもそも、うつのほうがポピュラーな病気ですね。

パニックの人が電車に乗る時の注意点

■「広場恐怖」とは パニックお客様の中でダントツに多いのが電車に乗れない、というケースです。これは、パニックの中の「広場恐怖」によるものです。

パニックの人が飛行機に乗る時の注意点

■「空いている飛行機なら大丈夫」なわけではない パニックお客様の多くにとって飛行機は鬼門ですね。パニックではなくても飛行機が苦手な方は多くおられます。でも、飛行機がクリアできれば世界はグンと広がります。何とか克服したいものですね

パニックの発作が起きたときに自分でできる応急処置

■立ち止まってお腹を使って深呼吸を 「パニック発作が起きた!やばい!」というときに自分がどのように行動すればいいのかを知っておくことは大切ですね

パニックの発作が起きたときに周囲ができる応急処置

■家族は「薬を所持しておくこと」を忘れないで もしパニックの発作を起こした方がいた場合、周りの人は何ができるのでしょうか。周囲の理解が深まれば深まるほど、パニックの方の世界が広がっていきます。まずは、家族として、考えてみましょう

パニックを知るには不安障害を学ぼう

■精神疾患の中の不安障害の位置付けとは パニックは精神科を受診します。パニックは不安障害のひとつであり、精神疾患にあたります。

パニックが心臓病を引き起こすって本当ですか?

■心臓病のリスクが高まる理由 パニックと心臓病に関係があると言われることがあります。激しい動機や呼吸困難など心臓病の症状とパニックの症状には似た部分も多いですね。そんな心臓病ですが、まず心臓病のリスクを高めるものについて知っておきましょう。

子供のパニックはここに注意!

■「人見知り」はパニックの前兆なの!? 子どものパニックを見つけてあげるために注意しておきたい特徴の中に人見知りがあります。人見知りはある一定時期にほとんどの子供が見せる成長段階の一部なのですが、ある子どもにとっては恐怖を表現する手段でもあります。

大人のパニックはここに注意!

■発症のピークは「男性20代」「女性30代」 現在日本では100人の内3人ほどがパニックを発症しているという報告があります。かなり高い確率ですね。では、発症しやすい年齢はあるのでしょうか?

パニックの人の自動車の運転について

■「症状が重いときは運転を避ける」は鉄則 現在法律で「パニック者は車を運転してはいけない」などと定められてはいません。

パニックを病院以外で治す方法はありますか?

■パニックに効果的な漢方薬とは 色んな病気に効果のある漢方ですが、パニックのような精神的な病気にも効くのでしょうか?パニックも人によって程度が違うので効き方は異なるのですが、実はパニックを施術することができる漢方はあります

ページの先頭へ戻る

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線・吉祥寺駅より徒歩5~6分