ヘッダー画像

SITEMAP

HOME »  鼻づまり  

首筋の硬直と鼻づまり

蓄膿症のイラスト

パニック障害の患者さんに限った事ではありませんが、首筋の硬直と鼻づまりは直接的な関係があります。上記のイラストは副鼻腔炎のイラストになりますが、当院では花粉症も鼻づまりも副鼻腔炎も分けて考えていません。

これらの症状の根本的な原因は、鼻周辺への血流が悪くなった結果炎症をおこすものと考えられます。

炎症を起こさないようにするには鼻の周辺への血流を改善させれば副鼻腔炎や鼻づまり、あるいは花粉症も改善されると考えております。

患者さんの一言が鼻づまりの原因を教えてくれた。

鼻づまり当院が鼻づまりの原因を初めて理解したのは、あるパニック障害の患者さんの一言でした。来店された患者さんに「首の付けが凝ってくると鼻が詰まるような気がする」と言われたのです。

その一言をヒントに気になっている部位を徹底的に緩めると鼻がスーッと通るようになりあっと言う間に鼻づまりが改善したのです。

これは現在でも正しい情報だと思い、鼻づまりのあるパニック障害の患者さんの場合には首筋の付け根(首と肩の交点)にあたる部位の緩めるようにしています。

鼻づまりのあるパニック障害の患者さんは明らかに、この部位の硬直が顕著で、深層筋肉まで酷く硬くなっています。今では鼻づまりの方は首筋を触ればすぐに分かります。

漢方薬で改善したのは血流

私の場合は、鼻づまりを改善されるために漢方薬を半年間キッチリと飲み続けて改善させました。

その時に鼻づまりは治らないという風に思っていたのですが、「鼻づまりは漢方薬で治るよ」と薬剤師さんにいわれて、信じて半年間飲んで改善させる事が出来ました。

この鼻づまりの漢方薬を飲む事により何が変化したのか今ではハッキリと分かります。血流が改善されて鼻へと通じる血管が広がり鼻の周辺器官に血液がしっかりとながれ炎症が治まっ為です。

鼻づまりを改善させる凝りのポイント

私自身は鼻づまりを半年間、漢方薬を飲み続けて改善させた訳ですが、血流さえ改善させれば血流が改善した直後から鼻づまりは改善します。

その改善の為のポイントが先ほどの首筋と肩の間の交点にある、鼻づまりのポイントです。

実際にこのポイントを緩める事で鼻づまりを改善させた人は数知れず、簡単に鼻づまりは改善させる事が可能ですので是非体験してみて下さい。

パニック障害の患者さんの多くは、口元を塞がれるような姿勢や鼻の廻りに酸素が入ってこない障害物があると嫌がります。呼吸が塞がれる事の恐怖心がある様です。

当院でも施術ベッドにうつ伏せになる事を嫌がるパニック障害の患者さんが一定の割合でいます。

鼻づまりなどがあると、特にその不安感が強く強調される事が考えられますので、出来るだけ不安となる要素は取り除く事をお勧めいたします。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線・吉祥寺駅より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

店内の写真