「てぴあん整体院」ヘッダー画像「てぴあん整体院」ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » パニック障害のチェック

パニック障害の自己診断チェック

パニック発作は突然のなんの前触れもなく起きます、症状は激しい胸の痛みや震え、多量の汗や呼吸困難など、人により症状はさまざまですがある程度共通した症状が表れます。

下記の表でパニック障害に関する発作に当てはまる項目がいくつあるのかをチェックし自己診断をしてみましょう。

パニック発作に似た発作があったからといって必ずしもパニック障害であるという事では無い事も理解しておきましょう。パニック障害である以前に内科的な病気がないのかを見極める必要があります。

パニック障害の自己診断チェック

パニック発作の自己診断強い恐怖または不快を感じる、はっきり他と区別できる期間で、その時に以下の症状のうち4つ若しくはそれ以上が突然に発現し10分以内に頂点に達するものをパニック発作とし、3つ以下のものは症状限定性発作と呼ばれてパニック発作と区別されます。

  1. 動悸・心悸亢進または心拍数の増加
  2. 発汗
  3. 身震いまたは震え
  4. 息切れ感または息苦しさ
  5. 窒息感
  6. 胸痛または胸部の不快感
  7. 吐き気または腹部の不快感
  8. めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
  9. 現実感喪失(現実ではない感じ)、または離人症状(自分の存在感が希薄に感じる)
  10. コントロールを失う事に対する、または気が狂う事に対する恐怖
  11. 死ぬことに対する恐怖
  12. 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
  13. 冷感または熱感

※精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM-Ⅳ)より

パニック発作が起きてもパニック障害とは限らない

上項目のパニック障害の自己診断で項目が4つ以上ある場合にはパニック障害の可能性が高いといえますが、あくまでも主観的な自己診断と言う事になります。

より精度を高めるためにはさまざまなパニック障害の診断方法がありますので複合的に判断する事が大切です。

発作が起きるのはパニック障害の発作とは限りません。上記項目のパニック障害の自己診断チェックと合わせて・・・

など数多くの項目によりパニック障害であるのかどうかという診断が下されます。

パニック障害の特徴として広場恐怖がありますが、必ずしもパニック障害は広場恐怖を伴うものでは無い事を認識する必要があります。パニック障害には広場恐怖を伴なう場合と広場恐怖を伴わない場合があります。

広場恐怖についてはこちらをご覧ください 広場恐怖についての説明

パニック障害の自己診断チェックー2

  • A.(1)と(2)の両方を満たす
    (1)予期しないパニック発作が繰り返しおこる
    (2)少なくとも一回の発作の後、一か月間(またはそれ以上)
    以下の内一つ(又はそれ以上)が続いている。
  • a)もっと発作が起こるのではないかという心配の継続
    b)発作またはその結果がもつ意味
    (例:コントロールを失う、心臓発作を起こす、気が狂う)についての心配
    c)発作と関連した行動の大きな変化
  • B.広場恐怖が存在しない(広場恐怖を伴わないパニック障害)
    B.広場恐怖が存在している(広場恐怖を伴なうパニック障害)
  • C.パニック発作は物質(例:乱用薬物、投薬)または一般身体疾患
    (例:甲状腺機能亢進症)の直接的な生物学的作用によるものではない。
  • D.パニック発作は、以下のような他の精神疾患では上手く説明されない。例えば、社会恐怖(例:おそれている社会的状況に暴露されて生じる)、特定の恐怖症(例:特定の恐怖状況に暴露されて)、強迫性障害(例:汚染に対する強迫観念のある人が、ごみや汚物に暴露されて)、外傷後ストレス障害(例:強いストレス因子と関連した刺激に反応して)、または分離不安障害(例:家を離れたり、または身近な家族から離れたりしたとき)などである。

※精神疾患の診断・統計マニュアル第4版(DSM-Ⅳ)より

精神科でパニック障害の診断を。

精神科で問診上記の自己診断で、当てはまる項目があり可能性が高いようでしたら、精神科で詳しく調べてみましょう。パニック障害かどうかを調べるには精神科もしくは心療内科です。

パニック発作と似た内科的な病気の症状も考えられるためにパニック障害の自己診断はあくまでも目安とし判断を誤らないようにしましょう。

発作の可能性が高いとしたら出来るだけ早い段階で精神科で治療を受ける事により、薬による処方だけで症状が軽快する可能性が高まります。

パニック発症を起こしてから時間が経過すればするほど一般的に改善が困難になる可能性が高まりますのでためらわずに早めに受診する事が大切です。

当院ではパニック障害の根本的な原因は身体の緊張による、息苦しさや呼吸が浅くなっている事などが原因だと確信をもって施術を行っています。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線・吉祥寺駅より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る