ヘッダー画像

SITEMAP

HOME » 家族と周囲の接し方

パニック障害と家族の接し方

パニック障害に対して正しく理解する。

家族の協力パニック障害を改善するには家族の理解が必要です。くパニック障害に対してどのような病気であるのかという事を正しく理解を深める事が大切になります。

パニック障害は、パニック発作以外の時には特に身体的な症状はないとされています。そのため、誤解をうけやすく仮病やヒステリーという風にもとらえられがちです。

そうすると患者本人は、とても孤独感を感じますます内にこもり病気が更に悪化する可能性が高まります。しかしパニック発作の事を知ると、とても耐えがたい苦しみを感じ決して仮病やヒステリーによるものではないという事が理解できます。

パニック発作を起こした後に患者さんは予期不安におびえます。く予期不安とは、同じような苦しい体験をするのではないかと思うことです。

予期不安を感じると、ある特定の場所や状況を避けたがります。これは回避行動といい再びパニック発作を起こすような状況に近づかないようにしたがります。

このようなパニック障害の患者さんに対して、理解がないとただ単に「さぼっている」とか「甘えているのでは」など思いがちです。まずはパニック障害がどのような病気なのかを理解する事が重要です。

患者さんとの接し方で心がけたい事

パニック発作の苦しみがどのようなものであるのか、いろんな書籍を読んだりして患者さんの気持ちに寄り添うようにしましょう。病気に対しての誤解や偏見を持たずに温かく見守る事が大切です。

安心感を与える。

患者さん本人は、パニック障害になって早く治したいと思っています。しかしパニック障害の治療には時間がかかります。家族に迷惑をかけているかもしれないと本人も心のどこかで「早く直さなければ」と焦っています。

パニック障害を治すには焦りがあると、緊張し心にも身体にも良い影響を与えません。患者さんには焦らずにゆっくりと治すようなメッセージを送ってあげましょう。

安心感は副交感神経を優位にさせて治療の効果を高めます。治療の効果が上がるのは副交感神経が優位になる事が重要です。

優しく見守る。

優しく見守る女性患者さんは、信頼できる人にそばにいてもらえると安心します。しかし常に気に留められるのも心の負担になりますので、つかづはなれずの程よい距離感をもち時々体調を気遣う声かけなどはとても安心します。

  

自然に接する。

あまりパニック障害の患者さんとの接し方に神経質になるのではなく普段は自然に接する事が大切です。腫れものに触るような接し方をすると患者さん本人も「自分は特別おかしな病気になっているのではないか」と逆に緊張感を強めて不安になってしまいます。

あせらせない

パニック障害の治療の効果がでないと、回りも焦って患者さんに早く治してほしいと思うものですが、絶対に焦らせてはいけません。焦りは緊張を生み症状を悪化させる要因となり、症状がぶり返したりしますので安心して治療に専念できる雰囲気を作ってあげましょう。

パニック発作が起こった時の対処

慌てたり、騒いだりしない。

パニック発作は、いつ起こるのが予測がつきませんので発作が起こった時の事を考えて家族の方は対処法を学び準備しておく事が大切です。

決して、パニック発作が始まったとしても慌てず、冷静に対処する事が大切です。冷静さを欠いて廻りが慌てると患者さん本人に緊張が伝わり、よりパニック発作が激しくなる可能性があります。

パニック発作時は、患者さんの手を握ったり背中をさすったり「大丈夫」という言葉を繰り返して安心させてあげましょう。

パニック発作で死ぬ事はありません、その事をしっかりと理解しておきましょう。

発作時の過呼吸では、患者さんは呼吸を吸おうとしますが、吐かなければ呼吸は吸う事が出来ません。ゆっくりと吐くように促しましょう。

パニック発作が起こった時の対処法

パニック発作以外の症状を理解する。

パニック障害の症状で悩む人パニック障害というとパニック発作や予期不安や広場恐怖などの症状が注目されがちですが、実はパニック障害の患者さんは日常生活上でもさまざまな不快症状で苦しんでいます。

身体的な症状

心理状態

パニック障害の患者さんと家族の負担

家族の協力家族にパニック障害の患者さんがいる場合は、症状が重いほど家族の負担が大きくなります。

当院に来店される症状が重いパニック障害の患者さんは信頼できる家族やパートナーと来店される場合が多いのですが、このような場合にも家族には負担がかかります。

家族やパートナーであれば、患者さんの世話をするのは当然なのかもしれませんが、病気が長期化すると家族の負担も大きくなるばかりです。

パニック発作を起こし症状が長引けば長引くほど治療時間も長引く傾向にあります。更に症状が長引く事によりうつ病を併発する可能性の高い病気です。

そういった意味で出来る限り早く完治させる事に越した事はありません。

薬物療法以外の療法も視野に入れる。

ヨガポーズパニック障害の一般的な治療と言えば精神科や心療内科で薬を処方されて服用し様子を見るといった方向性が一般的です。

しかし、当院に見えられる患者さんを診ていますと殆どの患者さんは病院で出された薬を長期に渡り服用されているにも関わらず改善に至っていないのが現実です。

多くの書籍では必ずパニック障害はきちんと治療すれば治るという風に言われておりますが、本当にそうなのでしょうか?

軽度のパニック障害は薬物療法や心理的療法で改善するかもしれません。しかし長期化している場合には、薬物療法以外の療法も検討し積極的な治療を行う必要があるかと思います。

電話番号 0422-22-1601 営業案内 10:00~19:00 定休日:火曜日、金曜日 中央線・京王井の頭線・吉祥寺駅より徒歩5~6分

ページの先頭へ戻る

店内の写真